脊柱管狭窄症、腰痛ヘルニア専門整体院

とくやま鍼灸整骨院

〒599-8114 大阪府堺市東区日置荘西町6-6-28

南海高野線初芝駅から徒歩5分

完全予約制 ご予約・問い合わせはこちらへ

0120-39-4976
営業時間
9:00〜12:00 / 13:00〜20:00
休業日
土曜・日曜・祝日
院長の元気ブログ

コロナ太り!第2波に備えて身体づくり

コロナ太り

こんにちは徳山です。

 

緊急事態宣言も解除されやれやれと

思っている方も多いと思いますが

コロナが出て外出自粛で2か月

ほどほとんど動かず体重が増加している方が

多いと思います。

 

正直、私も増加してしまいました。

過去最高の体重になってしまいました。

 

今回はそんなあなたの為に第2波に備える身体つくりのお話をしようと思います。

コロナ太り

はじめは不安な日々を送る人も

多かったと思いますが、

いつしか『食って寝る生活』が

当たり前になる生活になじんでいく人が

増えている人が多いと思います。

 

コロナウイルスによって、

外出自粛は出ましたが、

スーパーに行ってはいけないとは

言われなかったので、

食べ物は買いに行けるし、

食糧難のようなことにはなっていないので

何でも自分の好きなものを食べれます

 

そうするとどうなるでしょうか?

 

まずは『むくみ』が体を襲います。続いて、

『体重増加』が見られるようになります。

 

そして、1か月くらい経つと確実に

『体調に異常』

起こり始める人がちらほら出はじめます。

 

その後はその人数が増え続けることになります。

 

恐らくですがコロナの感染者の比ではない人数の方がこの状況に陥っています。

 

そこへ、マスクに強要によって、

『呼吸機能が低下』します。

 

本来であれば、春は、活動的で代謝活動が

最も盛んな季節。

逆に閉じ込められて、

息ができない状態が続き、

さらにカロリーオーバーとくればどうなるでしょうか?

 

生活習慣病やそれに近い状態に陥り、

いわゆる『免疫力低下』が起こります。

 

ほとんどの人は『ワクチンが開発される』

と思っていると思いますが、

出来たとしてもすぐには行き渡らないのが現実です。

いつになるかわかりません。

 

世界中で広がっている感染症なので

必要な量を確保できるまでには

ヘタすると数年かかると考えられます。

 

それともしワクチンを打てたとしても

かからないわけでもありません。

 

2波、第3波が来た時に、

たとえ、ワクチンを受けることが出来ていたとしても

感染するリスクは1波よりも高くなります。

 

なぜならば、ワクチンが出来ていたら自粛生活はしないからです。

 

しかも生活習慣病やそれに近しい人は多くいる中で

確実に致死率は上がると思われます。

 

自分で太ってしまったな、

むくんでいるなと自覚している方は覚悟をもって

生活を改善していく必要があると思ます。

 

和食

一汁三菜

 

そこで今から秋までにやるべきことをお伝えします。

 

コロナ騒動がおこり、

まずマスクがなくなり、

トイレットペーパーがなくなり、

その後に消毒薬がなくなり、

なぜか?スーパーから小麦粉

ホットケーキミックスや

お好み焼き粉が消えたというニュースを聞きました。

 

マスクやトイレットペーパーに関しては

苦笑いでしたが『小麦粉』については

私個人的にはまずいことだと懸念しています。

 

免疫力を上げないときに、

小麦粉の商品てどうかなっていうことです。

 

以前にも話したと思いますが、

噛むことが免疫にすごく重要になってきます。

 

小麦粉の商品を考えると、

パン、うどん、パスタ、お好み焼き、

たこ焼きあまり噛まないものばかりです。

 

免疫力を上げるめるためには

『噛んで唾液を出すことなんです。』

ここがすごく重要です。

 

唾液にはいろんな働きがあり、

免疫機能を発揮するためには唾液は欠かせないことと、

胃酸や消化液がスムーズな働きを発揮するためには

欠かせない要素なのです。

 

恐らくですが多くの方の日常食は簡単に済ませる、

パンやインスタント食品、

冷凍食品などに偏り、

手作りでもケーキや麺などを

楽しむ程度なのだと想定できます。

 

そういう暮らしを続けた人の体は先の申し上げた通りです。

 

日常生活が戻ってきたことを

喜んでいる場合ではありませんよね?

 

私はかなりやばいことがこれから起こるだろうと思っています。

 

それに気づいた人だけが

2波・3波から身を守ることができるでしょう

 

気づかない場合は仕方ないかもしれません。

 

ちなみにやるべきことは簡単です。

 

小麦粉をできるだけ食べない

 

原点に帰ることです。

 

日本食を食べるだけです。

 

13菜を基本とする栄養バランスのとれた食事

 

具体的には

ごはんとみそ汁と

野菜と肉や魚の食事が基本です。

 

付け加えるとすれば

旬のお野菜や魚を食べてもらうと尚いいですね

 

そこにプラスして、

『良質の塩』を使った醤油や味噌を

日々の生活に取り入れることが出来れば最高です。

 

やることはただそれだけです。

それだけでウイルスにおびえる生活も、

感染して重症化する確率も大きく下がると思います。

 

本来の日本の食文化を思い出してください

 

信じる信じないは個人の自由です。

 

でも、今回お伝えしたことをやって

よかったと思う方は多いと思いますが、

行動しないで今のままの生活を続けていくと、

受ける損害は計り知れないかもしれませんね。

 

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

サンキューヨクナロウ
0120-39-4976

受付時間:
 月〜金 9:00~20:00
 木、土 9:00〜11:3
0

休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日